内面からの治療 各種ビタミン剤

Middle Severe

各種ビタミン剤

様々なビタミン剤が出ていますが、ビタミンCから始めることをおすすめしています。

活性酸素が肌に悪影響を及ぼすということは最近では常識となってきました。活性酸素というものは、簡単にいうと色々な細胞を酸化させてしまう不安定な酸素分子のことです。
肌ににきび菌が存在すると皮膚の表面にポルフィリンという代謝物を排出します。このポルフィリンに紫外線が当ると活性酸素が産出されます。この活性酸素が皮脂を酸化させることによりにきびができ、また炎症を悪化させます。日焼けすると起こる炎症などもこの活性酸素が原因ですし、メラニン色素の生成を促進しシミなどの原因をつくるのも活性酸素なのです。
ただし、活性酸素は免疫などの部分において人体には欠かせないという側面もあります。過剰になりすぎると肌などへのダメージを含め人体へ悪影響を及すということです。

体の酸化を促進する活性酸素から防御するために、ビタミンCやビタミンEを摂取することをお勧めします。特にビタミンCは効果的です。

ビタミンCの効果

にきびの改善
ビタミンCは活性酸素を除去し、にきびの炎症を抑える。
にきびを出来にくくする
過剰に分泌されている皮脂を抑制する作用によってにきびを出来にくくする。
にきび跡(くぼみ)を残りにくくする
コラーゲンの生成を促進するのでにきびの跡を残りにくくする効果がある。
にきび跡を残りにくくし薄くする
にきびの炎症が刺激となって色素沈着「しみ」になるのをメラニン色素還元(美白)作用で薄くし、メラニン生成阻害作用でしみを防ぐ。
にきびの赤みを薄くする
炎症などで薄くなった血管を血管内皮細胞といわれる血管のチューブをつくる細胞を強化して肌の赤みを抑える。

にきび治療の基本は、ビタミンC・ビタミンB群の補給から始まります。まずビタミンCから始めてみてください。