重度のにきびの治療

にきびの重症度分類における「重度」のにきび

にきびの重症度分類では下記のように、3度から4度にかけての症状の方を重度のにきびとしています。

比較的軽度なにきび 中等度のにきび 重度なにきび
1度 2度 3度 4度
毛穴に皮脂やアカが詰まった状態。面皰(めんぽう)と呼ばれます。白にきび、黒にきび。 詰まった毛穴にアクネ桿菌が増殖して炎症を起こした状態。赤い丘疹(きゅうしん)ができます。赤にきび。 アクネ桿菌の活動が活発になり、化膿した状態。膿疱(のうほう)や膿腫(のうしゅ)と呼ばれます。 1~3度を繰り返し、ニキビが慢性化した状態。集簇性ざ瘡(しゅうぞくせいざそう)と呼ばれ、皮膚が厚くなりデコボコしたにきび痕が残ります。局所性の免疫異常や体質が関係しているといわれます。
ケミカルピーリングをベースとして皮膚のターンオーバーを促進させ、ビタミン剤などの内服薬も併用していきます。 光治療をベースとして個人に合わせた治療法を組み合わせて行います。プラセンタ抗アンドロゲンなどの内服薬を処方する場合もあります。 PDT治療エンディメッドFSRアファームマルチプレックスなどの最新の治機器を使用します。また、皮膚再生療法を行う場合もあります。女性の大人にきびの場合は抗アンドロゲン薬を処方します。

重度なにきびの治療方針

重度なにきびの方は、赤にきび(炎症性のにきび)が多数存在し、つながったように見えるものがある状態となっています。つながったようにみえるものは、集簇性ざ瘡(しゅうぞくせいざそう)と呼ばれる難治性の皮膚疾患で、炎症・膿疱を何度も繰り返し続けます。このような状態ではにきび跡が混在して、色素沈着も起こっているような状態になっています。
はやく治療を始めて、早いうちににきびをコントロールすることが必要です。

外側からの治療

PDT治療

PDTは光線力学的療法と言われる治療法です。皮脂腺に選択的に取り込まれる性質を持つデルタアミノレブリン酸という物質を塗布すると、デルタアミノレブリン酸は皮脂腺に選択的に集まり、ポルフィリンという物質に変わります。PDT用の光を当ててあげると、その場でポルフィリンは活性酸素を発生します。デルタアミノレブリン酸で大量にポルフィリンが生成されていますから、活性酸素も大量に発生します。この活性酸素が皮脂腺を傷害し、周囲の細菌を殺菌します。
重度のにきび治療に効果的な治療法の一つです。

エンディメッドFSRアファームマルチプレックス

強力な皮脂線抑制作用と、にきび跡の改善・色素沈着の治療・肌質改善を同時に促す機器です。アファームマルチプレックスはにきびの治療に大変効率的な効果を発揮し、早期に治療効果を実感することが可能です。

グロスファクター皮膚再生療法PRP皮膚再生療法

長年にきびを患っていたような肌は、それだけで疲弊しています。通常の肌よりも治療効果が出てくるまでに時間がかかります。そこで、大量の成長因子を導入する「グロスファクターメソスキン療法」もしくは、ご自身の血液内にある血小板を利用し肌の再生を促進させる「PRP皮膚再生療法」を用いて回復を早めます。肌が正常化される過程でにきびの発生を抑制する効果があり、エンディメッドFSRアファームマルチプレックスなどの治療効果を高める相乗効果も見込めます。

圧出

化膿して膿がたまっているようであれば、たまった膿を排出させます。これを行わなければ炎症を抑え込むことは困難です(たまっていなければ行いません)。必要に応じて高周波ニードルで皮脂腺を加熱し抑制します。

内面からの治療

大人にきびには抗アンドロゲン療法(女性のみ)

大人にきびの場合は、ホルモンバランスの崩れ・男性ホルモンのレセプター異常による異常角化・皮脂分泌亢進が見られます。これによっておもにフェイスラインから頬顎にかけてにきびが発生すると考えられますが、この際に、ホルモンバランスを何とか是正する必要が出てきます。抗アンドロゲン療法で男性ホルモンの受容体をブロックし、角質の肥厚・皮脂線発達を抑制してきます。
今あるにきびを治療するのではなく、今後のにきびの発生数を減少させるように働くので治療効果が高いです。低用量ピルとの併用で、にきび抑制効果が高まります。
必要に応じて、各種漢方薬抗生物質を併用することになります。

体質改善を促す

体の内側からの治療では、プラセンタ治療をお勧めしています。さらに、ビタミンCをはじめとする各種ビタミン剤、炎症が強いようであれば抗生物質を併用していきます。体の状態にあわせ漢方薬などを使用します。
炎症性にきびの治療が必要な場合には、抗生物質の少量長期間投与を行うことがあります。(にきびの治療では抗生物質を少量で長期間飲む治療法がスタンダードです)

重度なにきびの治療法・治療機器

上記のような治療方針にそって、おひとりお一人にあわせた治療を組み立てていきます。重度なにきびの治療では、下記のような治療法・治療機器を使用して治療を行うことが多いです。

PDTフォトダイナミックセラピー

PDTフォトダイナミックセラピー

重症にきびに対する新しい選択肢 ー PDTフォトダイナミックセラピー 皮脂腺を強力に抑制・殺菌をすることでにきびを抑制 その後の皮脂腺の再生にともなって皮膚をリセットする これがPDT治療の目的です。 PDT治療では皮脂…

PDTフォトダイナミックセラピー

エンディメッドFSR

エンディメッドFSR

エンディメッドFSR 三次元的に微細な高周波(RF)をフラクショナルに発生させることで、肌の入れ替えと皮膚深層まで加熱することで肌の再生を促す最新治療機です。にきび・にきび跡・傷跡・ストレッチマーク・妊娠線など、肌再生が…

エンディメッドFSR

グロスファクター皮膚再生療法

グロスファクターメソスキン療法

グロスファクター皮膚再生療法 ー 究極の若返り・最先端の肌再生治療 年齢を重ねると、どうして肌にはしみやしわができ、そしてたるんでしまうのでしょう。 それは年齢と共に肌に必要な成長因子が失われてしまうからです。年をとった…

グロスファクター皮膚再生療法

新型ダーマローラー A-MTS

A-MTS

A-MTS ー Auto Micro-needle Therapy System:オートマイクロニードルセラピーシステム 最新のニードル治療として、ダーマローラー療法から移行しました。 肌質改善・しわ・たるみ・毛穴の開き…

新型ダーマローラー A-MTS

プラセンタ療法

プラセンタ

プラセンタ療法で体の状態を整え、にきびが出来づらい体質へ プラセンタは、人の胎盤から抽出、生成された薬品です。この特徴として、下記の効果が挙げられます。 ホルモンバランスを調節する内分泌調整作用 活性酸素を除去し、酸化を…

プラセンタ療法

高濃度ビタミンC点滴療法

病気やストレスで大量に消費されてしまうビタミンCを大量に補給 1960年代にノーベル化学賞を受賞したライナス・ポーリング博士は、大量のビタミンCが風邪やがんの治療に有効であると発表しました。「メガビタミン主義」と言われま…

高濃度ビタミンC点滴療法

抗アンドロゲン療法

抗アンドロゲン療法で大人にきびの発生を抑える にきびがホルモンバランスと密接な関係があることはよく言われていることですが、20代を超えてもにきびが収まらない、また20代以降に発生したいわゆる「大人にきび」「アダルトニキビ…

抗アンドロゲン療法

抗生物質

抗生物質を上手に使用することで早期のニキビコントロールを目指します にきびの治療、特に炎症性のにきび(赤にきび)や集簇性ざ瘡と呼ばれる状態には、どうしても菌の繁殖を抑えるために抗生物質を使用せざるを得ません ルリッド(マ…

抗生物質

漢方薬

漢方薬でにきび体質を改善する にきびがひどい時期には、やはり光治療やアファームマルチプレックスのようなレーザー治療、抗生物質等の治療が重要となりますが、その本質的な問題としてにきびができる体質をどうにかしなくてはいけませ…

漢方薬

各種ビタミン剤

各種ビタミン剤 様々なビタミン剤が出ていますが、ビタミンCから始めることをおすすめしています。 活性酸素が肌に悪影響を及ぼすということは最近では常識となってきました。活性酸素というものは、簡単にいうと色々な細胞を酸化させ…

各種ビタミン剤

FRAC3

FRAC3

3次元にホットスポットを発生させる今までにないフラクショナルレーザーで、ダウンタイムなく肌を再構築 FRAC3とは、エステティックインダストリーアワードを受賞した最新レーザー機器「Dynamis PRO」で照射することの…

FRAC3

スムースライナー・アクネケア

スムースライナー・アクネケア

スムースライナー・アクネケア – 皮脂腺破壊で重度にきびを抑制 スムースライナー・アクネケアは、特殊絶縁針から発する高周波で皮脂腺を選択的に破壊し、皮脂の供給を抑えます。皮脂の供給が減少することで白ニキビ改善…

スムースライナー・アクネケア