内面からの治療 抗生物質

Middle Severe Adult

抗生物質を上手に使用することで早期のニキビコントロールを目指します

にきびの治療、特に炎症性のにきび(赤にきび)や集簇性ざ瘡と呼ばれる状態には、どうしても菌の繁殖を抑えるために抗生物質を使用せざるを得ません

ルリッド(マクロライド系のロキシスロマイシン)は静菌作用のほかに白血球の遊走抑制効果があるということで、炎症が早く引くようです。また、ミノマイシンより内服時の不快感(胃腸の調子が悪くなる・めまいなど)を訴えるかたが少ないような印象があります。このような効果があるため、にきびの治療では少量長期投与が行われます。

炎症性にきび(赤にきび)集簇性ざ瘡となっている場合には、ルリッドの抗炎症効果のみでは足りない場合があります。その際には一時的にも炎症を抑制するために、ステロイドやプロトピック(免疫抑制剤)の軟膏を使用することもあります。